岩手町SDGs未来都市共創プロジェクト

岩手町SDGs未来都市
共創プロジェクト

News

★webからの申請は「宣言フォーム」から (Googleフォームへ移動します)

★郵送・ファックス・メールでの申請は「宣言シート」をダウンロードください

 

2022年4月にスタートした「SDGs宣言」、この宣言は岩手町と地球、そして未来のために「自分が取り組むSDGsを社会に宣言する制度」です。

今回は宣言シートの書き方についてご紹介します!

宣言シートはこちら↓

宣言シートに記入する項目は大きく分けて2つあります。

①持続可能な社会に向けて取り組んでいること(取り組みたいこと)

②申請者のプロフィール

 の2つです。

 

①持続可能な社会のために取り組んでいること(取り組みたいこと)

は4つの項目に分かれています。少しわかりにくいかもしれませんが、みなさんが地球環境や地域、次の世代のために「これをやる!」と思っていることを書いてもらえれば大丈夫です。

1. 地球のために行っていること(行いたいこと)
2. 自分以外の人のために行っていること(行いたいこと)
3. まちのために行っていること(行いたいこと)
4. 次世代のために行っていること(行いたいこと)

※1~4全て記入できなくても大丈夫です

 

何を書けばいいか分からない…という人は以下の記入例を参考にしてみて下さい!

 

記入例

①持続可能な社会のために取り組んでいること(取り組みたいこと)

1. 地球のために行っていること(行いたいこと)

例えば…

ごみを正しく分別して出します。

駐車時のアイドリングはしません。

地球環境に配慮した買い物をします。 など

 

普段なにげなく取り組んでいることが地球や環境のためになることも多いのです。

 

2. 自分以外の人のために行っていること(行いたいこと)

例えば…

困った人がいたら助けます。

育休を積極的に取得できるようにします。

ジェンダーや人権に関して意識を向けるようにします。 など

 

SDGsでは環境問題を想起する人も多いのですが、実は人権問題というのが大切なテーマです。

特に会社や組織の中でこのような課題に取り組むことは大切な宣言になります。

普段は意識していなかった…という人もこの宣言をきっかけに行動してみてください!

 

3. まちのために行っていること(行いたいこと)

例えば…

防災訓練に積極的に参加します。

まちの魅力を内外に発信します。 

いざという時のため、普段からご近所と交流しています。 など

 

まちのために取り組んでいることであればなんでもOKです。

 特に災害時には地域のコミュニティの力が大切です。

 

4. 次世代のために行っていること(行いたいこと)

例えば…

自身の経験を次世代に語り継ぎます。

社員に必要となるスキルを身に着ける機会を与えます。 など

 

教育など、次世代の将来のために自分がしていること、できることを書いてください。

 

②申請者

団体/会社名(担当者名)または個人名

※宣言は「団体/会社名」または「個人名」のどちらでも大丈夫です。

宣言認定証の授与などのためご連絡が取れるよう、住所/所在地・電話・E-MAILなども忘れずにご記入をお願いします。

 

【申し込み先】

お申込みは、

「宣言シート」をメール、ファックス、郵送していただくか、
「宣言フォーム」(Googleフォーム)をご回答ください。

メール:mirai-1@town.iwate.iwate.jp
FAX:0195‐62‐2073
郵送:〒028‐4395 岩手県岩手郡岩手町大字五日市10-44 岩手町みらい創造課

【最後に】

これは違うかな…?と思ったことでもSDGsにつながっているかもしれません。

普段の生活の中で取り組んでいること、できそうなことを見つけてみてください。

また、これから取り組むことが見つかればそれも大事な一歩になります!

 

宣言シートに関してご不明点や疑問点があれば事務局までお問合せくださいませ。