岩手町SDGs未来都市共創プロジェクト

岩手町SDGs未来都市
共創プロジェクト

News

今年度(2022年度)、岩手町では「わたしのSDGs宣言」がはじまりました!
(参照:SDGs宣言制度がスタートします!

本記事では、みなさまからいただいたSDGs宣言を下記に掲載しております。

①地球のために行っていること(行いたいこと)
②自分以外の人のために行っていること(行いたいこと)
③まちのために行っていること(行いたいこと)
④次世代のために行っていること(行いたいこと)

わたしのSDGs宣言!!

給食を残しません。作ってくれた人たちに感謝します。残食がないようにおかわりもします。家でも買いすぎ、作りすぎ、食べ残しについて気を付けるために話をします。
日本人が食品ロスをしている間、貧困で困っている人たちのために一番身近にできる募金で援助したいと思います。
フードバンクについても色々調べて取り組みをしてみたいです。
中村翔真(13~15歳・岩手町)

①プラスチック製の箱を廃止し、紙製の箱に変更しました。
資源の有効活用のため、製品をできる限り長く使用いただけるようアフターサービス(研ぎ直し)を提供しています。
②男性も育児休業を取得できる仕組みと実績があります。
四人に一人が女性の職場です。誰もが働きやすい職場を提供します。
③岩手の特産品『漆』とコラボレートした商品で地域を盛上げます。
④はさみ作りの伝統・文化・技能を未来の世代へ継承してゆきます。
見学の門戸を広く開き、ものづくりの魅力を次世代に伝えてゆきます。
株式会社東光舎(岩手町)

①FSC森林認証紙や非木材紙を推進します。
バナナペーパーを推進します。
デジタルコンテンツを推進し、紙媒体とのハイブリッド情報発信に努めます。
紙媒体の残部を回収し、適切にリサイクルします。
②誰にでもわかりやすく、より伝わるデザインを提案します。
メディアユニバーサルデザインに沿った媒体のデザインに努めます。
福祉施設との共同業務を通じて、情報発信する方型をサポートします。
③デザインを通して、地域の活性化や福祉、スポーツ、芸術文化等に対する協賛や活動への参加
④非木材紙を推進し、資源の節約を務めます。
社内照明のLED化。
キンデザイン(盛岡市)

①「循環型」を意識し、不用な物に手を加えることで新しい物を作り処分するものを無くしていく。
②健常者、障害者、国内外問わず安心して暮らし・働き・共有できる環境を提供する。
③道端に有るゴミを拾っていきます。(清掃に力を入れていく)
④漆を増やし、伝統を次世代へつなげていく。国産漆のアップを目指す。
遠藤優友(20代・岩手町)

①牛乳パック・白トレー・PETボトルのリサイクルを徹底します。
②県外に住んでいる同級生に年1回、地区の情報を発信します。
③向う10軒両隣との交流を更に深めます(お互いの見守り)。
三浦一彦(70代岩手町)

①水や電気、パッケージなど資源のムダ使いをしない
②障害者への配慮
③地産地消
有限会社クレア(岩手町)