岩手町SDGs未来都市共創プロジェクト

岩手町SDGs未来都市
共創プロジェクト

リビングラボ

2021年2月27日(土)13:00-16:00、岩手広域交流センター「プラザあい」にて、「健幸ラボ」を開催しました!

前半はNPO法人いわて地域づくり支援センター 常務理事の若菜千穂氏をオゲストにお迎えし、「持続可能なコミュニティのあり方〜地域運営の視点から」と題したセミナーを行いました。

後半は19名(うち3名はオンライン)の参加者が3班に分かれて「2030年に向けた岩手町の健幸・スポーツのありたい姿」を共創するグループワークに取り組みました。

2030年に向けた岩手町の健幸・スポーツのありたい姿のキーワードでポストイットに書き出し、班ごとに話し合いながら類似したものをグルーピングして整理していきました。

 

 

このようなプロセスを経て、特に重要と思われるキーワードを5〜6個ほど決めた後、それらのキーワードを全て使って、「2030年に向けた岩手町の健幸・スポーツのありたい姿」を文章として言語化しました。

それらをまとめたものが以下の表です! 「Vision」が最終的に作成された文章、「KeyWords」が「Vision」の元にした、初めにポストイットに書き出したキーワードをグルーピングした結果です。

図中のVisionを読んでいると、とてもわくわくします!😍
老若男女みんなに対して健幸なまちづくりを望むキーワードが見られます。また、スポーツは「プロも趣味も」できる環境の整備を、というキーワードもありますね。「コミュニティ」「自由に集まれる場」など、機能や場所に目を向けるようなキーワードも…!
「子育て」というキーワードもさりげなく出ていますが、子どもがのびのびと暮らせる町には、一体何が必要なのでしょうか…!🧐

 

第3回「健幸ラボ」の記事はこちらから!